JR天王寺駅前で街頭行動を実施! | 国民民主党大阪府連 | 「対決」よりも「解決」

新着情報

JR天王寺駅前で街頭行動を実施!

JR天王寺駅前で街頭行動を実施!

2018.7.28

 

国民民主党大阪府連は、7月27日18時から、JR天王寺駅MIO前で街頭行動を実施しました。

当日は、府連代表の平野博文衆議院議員をはじめ、白岩正三府連政策調査会長、堀川かずひろ総務・組織委員長、島弘一四條畷市議会議員がマイクを握りました。

また、国民民主党選対委員長の大島敦衆議院議員も、駆けつけていただきました。

 

大阪府連代表の平野博文衆議院議員からは、「今国会では、働き方改革法案やIR法案など、多くの法案が与党の強行採決で可決してしまった。特に働き方改革法案は、働く者の立場に立つ法案ではない。過労死は日本にしかない。これ以上過労死を増やさないためにも国会では必死になって頑張ってきたが、与党に数の力で可決されてしまった。これから、労働環境を守るため、しっかりと監視していく必要がある。そのためにも私たちにぜひご支援をいただきたい」と改めて国民民主党への支持を訴えました。

 

府連代表 平野博文衆議院議員

白岩正三大阪府連政策調査会長(右側)

続いて大阪府連政策調査会長の白岩正三前豊中市議からは「私たちは暮らし、地域を最も大事にしてきた。5月7日発足した国民民主党も地域の声、暮らしの声、そして働く仲間の声が国政に届くようなそんな政治をしたいと思っている。

出産から子育て、そして介護に至るまで暮らしの現場の厳しい声をしっかりと形にしていくことにこだわりながら活動していきたい。この大阪からも国民民主党へ支持への大きなうねりを起こしていきたい」と訴えました。

 

最後にマイクを握った国民民主党選対委員長の大島敦衆議院議員からは、「与党は西日本豪雨被害支援よりも、国会改革を優先した。参議院で6議席を増やす法案を可決させた。人口減少から多くの地方議会でも議員定数を減らしているなかでの議席増は党利党略でしかない。こんなことは許されない。」と与党の姿勢を批判しました。

そのうえで「家事、育児、介護、そして地域社会の慣習など、女性目線での政策を実現するために国会だけでなく地方議会でも女性候補者を積極的に擁立していきたい」と女性候補擁立に取り組む党の姿勢を訴えました。

国民民主党選対委員長 大島敦衆議院議員