「高度プロフェッショナル制度断固反対」緊急街頭行動に参加! | 国民民主党大阪府連 | 「対決」よりも「解決」

新着情報

「高度プロフェッショナル制度断固反対」緊急街頭行動に参加!

「高度プロフェッショナル制度断固反対」緊急街頭行動に参加!

2018.6.17
6月15日に梅田・ヨドバシカメラ前にて、連合大阪主催の「高度プロフェッショナル制度断固反対」緊急街頭行動に、大阪府連代表の平野博文衆議院議員が参加しました。

 

平野代表は、「高度プロフェッショナル制度は働く人たちの命を奪う制度だ。こんな制度を絶対に認めるわけにはいかない。体を張ってでも阻止をしなれければならない。それ以外にもIR法案など数の力で押し切ろうとしている。我々の力不足で厳しい状況が続いているが、大きな国民運動として連合大阪に結集する皆さんの力を貸していただきたい」と、支援を訴えました。

野党全体への支援を訴える平野博文府連代表・衆議院議員

メッセージペーパーを掲げる平野代表(中央・後列)

街頭行動の最後には、参加者全員で「真の働き方改革」のために、メッセージペーパーを使って高度プロフェッショナル制度の反対とセクハラ反対をアピールしました。

(全国過労死を考える家族の会、立憲民主党大阪府連合からもアピールがありました。)