新着情報

大阪府知事・市長辞職を受けた大阪府連代表の談話です

大阪府知事・市長辞職を受けた大阪府連代表の談話です

2019.3.8

大阪府知事及び大阪市長出直し選挙について(談話)

国民民主党大阪府連 代表 平野博文

 

本日、大阪府知事及び大阪市長が辞表を提出し、大阪府・市議会議員選挙などと同時に出直し選挙が行われる見通しとなりました。

知事・市長は出直し選挙の理由として、大阪都構想の住民投票をめぐる対立を理由に挙げています。しかし、公明党と維新の場外乱闘のため、知事と市長の入れ替えという意味のない投票に府民を巻き込むなど、党利党略以外の何物でもありません。

そもそも都構想は、4年前にその必要はないと結論を出したものです。正当な理由もなく、多額の費用を要する住民投票を再び目論むこと自体、府民不在の政治の私物化と言わざるを得ません。まして前回と異なり、2025年大阪万博という大事業が控えています。万一、都構想が同時に動くとなれば、行政は混乱し万博にも重大な支障を来しかねません。

わが党は、このような政治の私物化に対し断固として抗議するとともに、府民のため、知事・市長それぞれにふさわしい候補者を人物本位で選び、この選挙を戦ってまいります。